閲覧できません(Forbidden access)【ロリポップサーバー】

アフィリエイト
maabuu
maabuu

こんにちは。Maabuuです。

前回、WordPress管理画面よりGoogle Adsenseコードを貼り付けると、

閲覧できません(Forbidden access) 指定したウェブページを表示することができません。

と表示され、応急処置として、ロリポップサーバーの管理画面からWAF設定を無効にする方法を記事にしました。

【閲覧できません(Forbidden access)】Google Adsense(アドセンス)コード が貼り付けられない!
閲覧できません(Forbidden access)Google Adsense(アドセンス)コード が貼り付けられない!... 【ロリポップサーバー】WAF設定を無効にすれば解決!

但し、上記の方法だとちょっとした変更などをするたびに、ロリポップサーバーへログインしてWAF設定を無効にする必要があったので、別の方法で対処いたしました。

解決策

「SiteGurad WP Plugin」のインストール

※私の場合は、既にSiteGuard WP Pluginがインストール済みでした。

SiteGuard WP Pluginを有効にすると
ログイン画面のURLが変更されるようなので、ご注意ください。
WordPress管理画面の左メニュー「SiteGuard」「ログインページ変更」より確認できます。

ロリポップサーバーの管理画面からエラーログの確認

ロリポップサーバーの管理画面から「WAF検知ログ」を確認してください。

【サーバーや環境によって違いますが、私のサーバーの場合】
・シグネチャ: xss-tag-1
・ファイル名: admin.php ※?から後ろは必要ないようです。

WAFチューニングサポート

WordPress管理画面の左メニュー「SiteGuard」「WAFチューニングサポート」→「新しいルールを追加」をクリックすると、上記のような画面が表示されます。

WAF検知ログで確認したシグネチャとファイル名を入力し、「保存」ボタンをクリックします。

最後に、機能を「ON」にして「ルールを適用」をクリックすれば完了です。

まとめ

少し手間が掛かりましたが、WAF設定をいちいち変更しなくても良いので、今のところは問題ありません。

また何か不具合があったら、記事にしようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました